pool construction method ーよくわかるプール施工ー
sponsored by プールカンパニー
ロゴ
プールイメージ プールイメージ
プールイメージ
プールイメージ プールイメージ
pool construction method ーよくわかるプール施工ー
バナー
menu

プールを温水にするには?

目次

自宅のプールを温水にするためには、温水にするためのシステムが必要です。プールの温水化に用いられる代表的な2つのシステムについてまとめています。

プールを温水化するには?

プールを温水にするシステムの代表的なものとして、「ヒートポンプ方式」と「熱交換方式」があります。

ヒートポンプ方式

気体は、圧縮すると温度が上り、膨張すると温度が下がるという性質を持ちます。この性質を利用して、大気中などの熱を集めて電気の力で圧縮し、生み出された熱エネルギーを使ってプールの水を温めていくのがヒートポンプ方式です。

ヒートポンプ方式は、エアコンなどの空調設備やエコキュートなどの給湯設備、冷蔵庫、洗濯機の乾燥機能、フローリングの床暖房など、さまざまな製品に使用されています。

ヒートポンプは空気熱を利用するため、太陽エネルギーに由来する再生可能エネルギーの一種でもあります。少ないエネルギーで熱に変換できるため、多くの電力を使わず、節電効果があるといわれています。燃焼せずに熱を作ることができるため、安全性が高く、酸素を消費したり二酸化炭素を発生させないので、環境面においてもメリットがあります。

ただし、外気を熱に変換するため、外の気温に左右され、寒い時には変換率が悪くなるというデメリットもあります。

熱交換システム方式

温度の異なる流体が触れ合った状態でいると、温度の高い方は冷やされ、低い方は温められて、両者の温度は均一になっていきます。これは、温度の高いところから低いところに移動するという熱の性質によるものです。この性質を利用し、効率的に熱を移動させる仕組みが熱交換システムです。

熱交換システムには「隔壁(間接)方式」と「直接接触方式」があります。

隔壁方式

隔壁方式は、金属などによって隔てられた固体壁を介して2つの流体を流し、温度を伝え合う方法で、高温と低温の流体を交互に流していきます。取り扱いやすく種類も豊富で、流体の加熱、冷却、濃縮、蒸発、凝縮、熱回収など、さまざまな用途にも対応できます。

直接接触方式

直接接触方式は、空気と水などの2つの流体を直接接触させて、互いの温度を伝え合う方法です。

熱交換システムはプールをはじめ、温泉や水族館などの水温調整のほか、エアコンや給湯器、車やオートバイなどのラジエーターなどにも使用されています。

ただし、熱交換システムは配管や熱交換機器の設置などの大掛かりな工事をしなければならなかったり、定期的な点検や清掃が欠かせません。また、外気に含まれる湿度を室内に取り込むため、気温が高くなる時期や多湿な場所での使用が不向きという難点があります。

プールカンパニーのヒートポンプなら、ニーズに合わせて選ぶことが可能です

マジラインプールでは、プールサイズや天候に左右されずに快適な水温をキープするために、高性能ヒートポンプを取り入れています。コンパクトデザインで加熱優先機能が付いた「Z200」、垂直方向排気型でコンパクトスペース、運転音を半分に抑えたサイレンスモード搭載の「Z400iQ」、加温、水温自動調整、静音運転など3つの運転モードが選択できる「Z550iQ」など、設置場所やニーズに合わせて選ぶことができます。

北島氏

プール施工のプロフェッショナル
pool company 北島さん

Z400
引用元:プールカンパニーライブドアブログ http://blog.livedoor.jp/prosperdesign1-pool/archives/5736371.html

Z400

Z400は、プールサイズ約7mx3mのプールの場合、水温20℃の時に設定温度の30℃に到達するまで、プールカバー無しで3日程度で到達できます(※6月上旬の条件に限ります)。また、Z400はクールダウン機能もついています。

取材協力
フランス製「マジラインプール」を販売している
プールカンパニー|pool company

プールカンパニーでは、日本におけるプール文化の普及を目指し、フランス製「マジラインプール」を販売。ただプールを販売するだけでなく、プールのある暮らし、水のある風景をデザイン・提案することを心掛け、自宅の家庭用プールからヴィラなどのリゾート施設プールまで手掛けています。プールカンパニーの運営会社は、数々のリゾート開発と設計の実績を持つ株式会社プロスパーデザイン。単独のプールの設計・施工をはじめ、一級建築士事務所としてのノウハウを駆使したサービスを提供しています。

プール施工のプロが解説!
プールの施工で失敗しないための3つのポイントとは?

「庭にプールを作りたい」「ホテルやヴィラにプールを建設したい」「プール付きの戸建てを建てたい」
けれど、プールをつくるにはどのくらい費用がかかるかわからない方が多いのではないでしょうか。そこで、当メディアでは、 世界各国で45,000台以上のプール設置実績を誇る「マジラインプール」の日本での販売元「プールカンパニー」に取材協力を依頼し、プール施工のプロにプールの施工費、維持管理について解説して頂きました。業者選びのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。(※2023年2月22日調査時点)